格闘家/鶴屋玲選手について【次世代のスター候補】

格闘技

長らく格闘ウォッチをしていると、デビューのあたりからこの選手は将来スターになると分かっている選手がいます。

今回、紹介する鶴屋怜さんという選手も高い確率でチャンピオンになると予想します。

世間に知られるのはまだ先の事になるだろうけど紹介します。

パラエストラ千葉の次世代エース

父親がパラエストラ千葉の代表である鶴屋浩さん

鶴屋浩さんの経歴

鶴屋浩さんは現役の頃はプロ修斗のファイターでした。現役引退後はパラエストラネットワーク千葉の代表です。

ブラジリアン柔術 黒帯

柔道 二段

元修斗ウェルター級ランカー5位

04年世界マスター&シニアブラジリアン柔術大会茶帯レーヴィー級 優勝

1999年全日本格闘技選手権 優勝

北斗旗全日本空道選手権重量級 準優勝

2005年ルタドールNO-GI JIU-JITSU無差別級決勝戦 柔術世界王者ビビアーノフェルナンデスを破って優勝

Wikipedia

優れたプロファイターを多数輩出

  • 松根良太(修斗フェザー級王者)
  • 内藤のび太(OneChanplomフライ級王者)
  • 扇久保博正(修斗フライ級王者)
  • 岡田遼(修斗バンタム級王者)
  • 浅倉カンナ(RIZINファイター)

パラエストラ千葉は優秀なファイターを多数輩出している名門のジムです。

鶴屋怜さんは格闘サラブレッド

鶴屋怜さんの経歴

  • レスリング/小学4・6年全国優勝
  • レスリング/高校2年ジュニアオリンピックカップ2位
  • レスリング/世界大会出場 高校3年全国高校選抜レスリング大会2位
  • レスリング/高校1~3年団体戦全国優勝

パラエストラ内で次世代エースとすでに認知されている

同門のRIZINファイターである扇久保選手は鶴屋怜さんを将来のUFCだと太鼓判を押していますし、Twitterの格闘フリーク界隈でも話題に上がり始めています。

パラエストラ柏に所属しているRIZINファイターの朝倉カンナさんのYouTubeでも紹介されています。

【浅倉カンナ杯】カンナの師匠鶴屋代表の次男が初登場!

山本KIDさんや堀口恭司さんを彷彿させる

山本KIDさんも堀口恭司さんもデビューあたりから既にカリスマになりそうな雰囲気がありました。

実際に目の肥えた格闘技雑誌の記者たちは白黒のページに次世代のカリスマになる可能性について記載していたし、山本KIDさんの頃はまだ動画がこんなに普及していない時代でしたから、どんなに強いのか妄想するだけでした。

堀口恭司さんは会場で試合を見ました。徹肌ィ郎さんが派手にKOされて、初めて認識しました。

鶴屋怜さんはデビュー戦ですでに強者の雰囲気があります。自分が負けるなんて思ってないんでしょう。強気でイケイケの選手が出てくるのは格闘ファンの喜びですね。

DEEP 100 IMPACT 鶴屋怜VS竜己

どのプロモーションに参加するのか?

UFC、ベラトール、ONE、RIZIN

国内のプロモーションならRIZINでしょうがフライ級はありません。

国外ならUFC、ベラトール、ONEですがどこを目指すのでしょう。ファイトマネーなら軽量級はONEが良さそうに思いますが、世界No.1プロモーションはやはりUFCです。

国内外ではdeepを主戦場に選びました。

同時代の強者 LDH所属 中村倫也さんとの比較

AbemaTVで話題となった格闘サバイバルショー「格闘ドリーマーズ」は見られましたか?格闘ドリーマーズについては別記事にも書きました。

ABEMAの公式サイトはこちらから

この企画はLDHが契約を結んで、格闘技に専念できる環境を勝ち取る応募者多数のガチンコ企画だったわけですが、大変面白い番組でした。高評価だった為、season2も企画されています。

そのseason1の合格者の1人、中村倫也さんも次世代を期待される大型新人でした。実家が名門格闘技ジム ピュアブレットで、鶴屋怜さん同様に素晴らしい経歴を持っています。

この2人、かなり似た経歴で、階級も近いので私は注目しています。

鶴屋怜さん中村倫也さん
実家が共に格闘技ジムパラエストラ千葉ピュアブレット大宮
レスリング主な戦績・高校3年 全国高校選抜レスリング2位
・世界大会出場
・全日本大学選手権2連覇
・U-23世界大会 優勝
他格闘技・ボクシング国体ベスト8
・小学4年アブダビコンバット世界大会優勝
階級レスリング55キロ級レスリング61キロ級

新しい世代の存在がまた格闘界を面白くします。目が離せません。

コメント

  1. […] 千葉のMMAに大きいネットワークを作っているパラエストラの代表の鶴屋浩さんの息子で鶴屋怜さんという選手が最近デビューしました。彼もレスリング全国大会優勝。ボクシング国体ベスト8。柔術世界大会優勝など輝かしい実績をもっています。その2人が近い階級に存在するのは私のような格闘フリークにとって楽しみの一つです。 […]

  2. […] 鶴屋怜選手(小学4年、5年全国優勝、高校2年ジュニアオリンピックカップ2位、世界大会出場 高校3年全国高校選抜レスリング大会2位、高校1~3年団体戦全国優勝) […]

タイトルとURLをコピーしました